プーさんと仲間たち そのままでいこう

  • 0
  • 0
母親が老後の暇な時間つぶしで、読書を始めまして、音読するのによさげな本を探し、これにしました。同種の本がたくさんありますが、直感的に決めました。Amazonのなか見!検索で、結構試し読み出来ます。

文字面を眺めてるだけで、リラックスするというか、ホッとする。
肩の力を抜いて生きようって気になる。

母へのプレゼントのみならず、気に入って自分用にも購入。すでに絶版なので、中古です。2014年版のため、ほぼ新品同様。持ち歩かなくていいように、電子化されているといいのに。

人気カウンセラーの恋愛本

  • 0
  • 0

以前、世の中に恋愛のマニュアル本とか、ハウトゥー本とか、あるのを初めて知ったと書いたことがあるけれど、何冊も著書を持つ作家の恋愛本は、その作者が特徴的な主張を持っていることが多い。
記事のタイトルを作家でなく、カウンセラーとしたけれど、実際に恋愛カウンセリングを行ってる人が多いし、小説家ではないので、そう書いたほうがしっくりくるかと思う。

話は変わるが、悩み事があった時、カウンセリングを受けてみたいと考えたことはないだろうか。わたしはある。数万で悩みが解決するなら、人の知恵を借りてでも・・と思いつつも、肝心なのはプライバシーに関わる、人に話しづらい内面を、よく知らない怪しげな人にベラベラ話す気がしないということだった。
藁をもすがる思いでカウンセラーを探したとき、世の中どれだけ怪しいカウンセラーだらけだとか、どれほど見つからないかを実感した。

だいたい、カウンセラーのHPはデザインがむごく、プロを使ったとしてもペラペラの薄さで、客は癒されたくて探してるのに、ほっとするような門構えのサイトはまずなく、腕前も不明で、料金の事はやたらしっかり書いてあり、金目当ての匂いのするところが多い。どうやったら、その人に相談してみようと思うか、全く考えられていない感じのものが多い。
まず、本当に誰かを癒したいなら、ゆったりしたきれいなロビーのある病院がごとく、ほっとするようなサイト作りをまず考えるべきだ。そして、自分を信頼してほしいなら、心の問題に関するエッセイ、評論、読み物などを日々アップしていくべきだ。そうすれば、その人の考えに関心を持った人がカウンセリングを受けたいと門をたたくだろう。
怪しげで簡単な経歴と料金表だけで、心を開くバカがそういるかっつうの。まれにいる人気カウンセラーはブログなどで日々更新し、料金も普通の何倍と高めでも、何ヶ月待ちだったりするのだった。

そういう意味においては、人気の恋愛カウンセラーたちは、みな連日ひんぱんに新しい記事を更新している。(デザインは人気作家とは思えない、むごい人が多いけど・・)
前置きが長くなりました。以前紹介したものとかぶるものもあるけれど、私が面白いと思った人気恋愛本作者を紹介しようと思う。(なぜそんな本を読んでるかは不問にして・・)

Read More

下流の宴

  • 0
  • 0
林 真理子
毎日新聞社
¥ 1,680
(2010-03-25)

林真理子は嫌いだが、筋書きが面白そうなので読んでみた。読み終わったが、面白かった。
俗な心情を書かせると上手い。ネットカフェ、きれいな植物系男子で欲を持たない、車や金に興味がない怒り反抗のない若者、裏バイト、派遣社員、外資のディーラー、どこかで見た様な最近のキーワードの寄せ集めで出来たような内容だが、上手に料理して、さすが直木賞作家の実力を感じさせる。
Read More

ずっとやりたかったことを、やりなさい。

  • 0
  • 0
「仕事は楽しいかね?」と同じぐらいに買ったのに、こちらは読み終えるのに2、3ヶ月もかかってしまった。
読む量がいっぱいあるとか、内容が難しいとか、そういうわけではなく、ひとつひとつ立ち止まって考えながら読んでいたので、こんなに時間がかかったというわけ。ようは、面白かったということです。
Read More

スージーズー

  • 0
  • 0
スージー スパッフォード,みはら いずみ
BL出版
¥ 840
(2010-03)

最近、スージーズーの絵本を買いました。以前から雑貨で大好きだったスージーズー。ファッションでもTシャツとか着たくなります。そんな馴染み深いと思ってたけど、絵本は未見。最近、こちらの「いつまでもともだち」を買ってやっと読みました。やっぱかわいい。

               
絵本ずいぶん出ているんですね。おどろきました。

知らぬ間に民放でアニメ化されていたとは・・、DVDも出ています。
 

スージー・ズー | CHARACTER PLAZA
スージー・ズー - Wikipedia
Suzy's Zoo(スージー・ズー)|TBSテレビ

仕事は楽しいかね?

  • 0
  • 0
評価:
デイル ドーテン
きこ書房
¥ 1,365
(2001-12)

どういうきっかけで知ったかは覚えていないけど、レビューでの高評価と本のタイトルにひかれて買ってみた。
しかし残念ながら、自分にはいまひとつ心に来ず、中身の薄い印象だった。
Read More

会社で働く苦しみをなくすシンプル思考

  • 0
  • 0
自分の手に取ったものが、その時の心理状態を示しているものだと思う。本屋で、タイトルを見てなんとなくパラパラとめくったのがきっかけ。確かにその時、仕事でつらい心理なところがあった。それから2ヶ月くらいたったいま、つらい状況は薄れ、少し気楽な気持ちでこの本と向き合っている。
Read More

ananを購入

  • 0
  • 0


ananなんて広告ばかりで薄くなってから、とんと長いこと購入してなかったのに、なんか立て続けに買ってる。
左が2012/12/19発売で、右が2013/01/16発売。こういうのに食指が動くとはいったい、どういう状況?ここ最近のエントリーも恋愛がらみだ。ん〜。そういう時期なのかなあ・・・。

愛しの筋腫ちゃん

  • 0
  • 0
わたしも筋腫持ちなので、図書館にあってなんとなく読んでみた。
こちら筋腫の闘病本とは全然違うので要注意。手術が嫌なため、ありとあらゆる民間療法(気孔、アーユル ヴェーダ、漢方、ホメオパシー、マクロビオティック、その他色々)を試すというエッセイだ。

スピリチュアルとか、そっち系が好きな人には楽しい本かも。(わたしも友達がそういう方向のコがいるので結構知ってる。)
最終的にどの療法も筋腫を縮めていないのが分かり、手術するかどうか考えるのだが、こんなに体調よいのに体を切るなんてイヤだ!ということで、筋腫を通じて色んなものに出会えたからよかったということで終わっている。
この本ですでに高齢だったし、子供はあきらめたのかな?無理そうだなと思ったら、その後出産されたようで。へ〜〜。
切らないでどうやって??(その後切ったのかもしれないけど)と少しそのあたりのくだりが知りたくなった。わたしの筋腫は7、8センチくらいらしいが、切らないで出産は無理だと思っているので。その後が少し気になる。

不倫の恋に苦しむ男たち

  • 0
  • 0
わたしは不倫をしたことがない。不倫に関して肯定派、否定派、どちらかといわれれば、否定派だろう。
それはモラルの問題からではなく、不倫の恋に関して、胡散臭さを感じてしまうからだ。

こちらなんともいやなタイトル、「不倫の恋に苦しむ男たち」とは、なんともナルシスティックな響き、不倫に苦しんでる男の姿を想像すると、自分に酔った男の姿しか浮かんでこない。

Read More